Camp side near Mt.Yari
シェア
mail
License license
loading...
Loading ...

パノラマを撮影したのは 岩森直人 撮影日 14:15, 14/10/2012 - Views loading...

Advertisement

Camp side near Mt.Yari

The World > Asia > Japan

  • いいね! / ダメ
  • thumbs up
  • thumbs down

槍ガ岳のキャンプ場で撮影しました。
槍ガ岳のテントサイトは、狭い尾根に作られているので団地のように小さく区画された、なかなかユニークな場所なのです。 しかしロケーションは最高です。テントの中から笠ガ岳を見られるようにテントを立てても良いし、常念岳の方向にしても良いし。山の高度感を感じながらのキャンプを楽しめるとても素晴らしい場所です。
ついでですが、手前の緑のエスパースは私のテントです。

comments powered by Disqus

Japan付近のパノラマ

map

A: 西鎌尾根からの北アルプスの山々

岩森直人作, ここから270メートル

このパノラマは西鎌尾根の千丈乗越から槍側へ登った辺りで撮影した物です。飛騨沢を上り詰めて千丈乗越へ飛び出すと、目の前に赤い大きな尾根が目に飛び込んできます。それは硫黄尾根です。この尾根は冬期の登攀ルート...

西鎌尾根からの北アルプスの山々

B: 槍ヶ岳山頂(3180m)

岩森直人作, ここから280メートル

このパノラマは10月に槍ヶ岳の山頂で撮影したものです。頂上は10人位がいられる程のスペースです。北に伸びる尾根は北鎌尾根と呼ばれとても急峻な尾根です。東に伸びる尾根は東鎌尾根と呼ばれ西岳、大天井岳、燕岳...

槍ヶ岳山頂(3180m)

C: 槍ヶ岳の山頂の祠

岩森直人作, ここから280メートル

槍ヶ岳山頂には小さな祠がある。毎回登るたびに手を合わせ、いつも何をお祈りしたかは忘れてしまうが、その行動は自然に行われる。これを撮影をした日に山頂で72歳の男性に会った。私の2倍の年齢だ。果たして私も7...

槍ヶ岳の山頂の祠

D: 東鎌尾根からの山々

岩森直人作, ここから350メートル

槍ヶ岳から少し東鎌尾根を下った両脇が切れ落ちたリッジの上で撮影した。このパノラマからは東鎌尾根、穂高の主稜線、北鎌尾根、燕から常念、蝶ヶ岳の稜線、遠くには立山が望め、槍ヶ岳はまさに槍のごとく聳えたってい...

東鎌尾根からの山々

E: Hidasawa

岩森直人作, 1.0kmかなた

槍ヶ岳への一般的なコースは上高地から入山の槍沢を登るコースと飛騨側の新穂高温泉から入る飛騨沢を登るコースの2本がある。もちろん西鎌尾根からや東鎌尾根経由もあるがその日のうちに槍ヶ岳の頂上に立てるのはおそ...

Hidasawa

F: 光と影の稜線

岩森直人作, 1.8kmかなた

光と影の稜線

G: 南岳新道より

岩森直人作, 2.3kmかなた

南岳新道は槍平小屋と南岳小屋をつなぐ尾根で、穂高連峰のど真ん中に位置しているので眺めが素晴らしく、一度は登る事をおすすめします。標高差約1000mの尾根なので登り応えも充分あります。 また冬期の登攀ルー...

南岳新道より

H: 秋の南沢にて

岩森直人作, 2.5kmかなた

このパノラマは新穂高温泉から槍ヶ岳へ登る登山道にある南沢の上で撮影した物です。沢沿いに登るこの登山道は登っている感じがあまりしないももの実際にはかなりの高度差のコースだ。その分刻々と変る景色が楽しめる。...

秋の南沢にて

I: Good morning! Hotaka mountain range

岩森直人作, 4.3kmかなた

日の出前。まだ薄暗いうちに穂高岳山荘を後にし涸沢岳に登った。まだ日は昇っていなかった。涸沢岳西尾根への分岐をやり過ごし、慎重に鎖場を下降して北穂高への道を急いだ。周囲が明るくなりだした頃、雲が西から東へ...

Good morning! Hotaka mountain range

J: Mt.Karasawa(3103m)

岩森直人作, 4.9kmかなた

涸沢岳(3103m)のピークから10m程西に下った斜面で撮影した写真です。穂高特有の岩が堆積した岩肌を大きく入れてみた。ここからは奥穂高岳やその稜線、笠ヶ岳も良く見渡せて展望は素晴らしい。涸沢岳の山頂に...

Mt.Karasawa(3103m)

このパノラマはJapanで撮影されました

これはJapan領域の概要です

The eight islands of Japan sprang into existence through Divine Intervention.

The first two gods who came into existence were Izanagi no Mikoto and Izanami no Mikoto, the Exalted Male and Exalted Female. It was their job to make the land for people to live on.

They went to the bridge between heaven and earth and, using a jewel-encrusted halberd, Izanagi and Izanami churned up the sea into a frothy foam. As salty drips of water fell from the tip of the halberd the first island was formed. Its name was Onogoro.

So far, so good. But when Izanagi and Izanami first met on their island, Izanami spoke to Isanagi without being spoken to first. Since she was the female, and this was improper, their first union created badly-formed offspring who were sent off into the sea in boats.

The next time they met, Izanagi was sure to speak first, ensuring the proper rules were followed, and this time they produced eight children, which became the islands of Japan.

I'm sure you did not fail to miss the significance of this myth for the establishment of Japanese formal society.

At present, Japan is the financial capital of Asia. It has the second largest economy in the world and the largest metropolitan area (Tokyo.)

Technically there are three thousand islands making up the Japanese archipelago. Izanagi and Izanami must have been busy little devils with their jewelled halberd...

Japan's culture is highly technical and organized. Everything sparkles and swooshes on silent, miniaturized mechanisms.

They're a world leader in robotics, and the Japanese have the longest life-expectancy on earth.

Text by Steve Smith.

このパノラマをシェアする