挙母まつりFestival of KOROMO-shrine
シェア
mail
loading...
Loading ...

パノラマを撮影したのは 中山晴彦 EXPERT 撮影日 03:59, 21/10/2012 - Views loading...

Advertisement

挙母まつりFestival of KOROMO-shrine

The World > Asia > Japan

タグ: shrine, festival

  • いいね! / ダメ
  • thumbs up
  • thumbs down

毎年、10月の第3土曜に試楽祭、日曜に本楽祭を開催。試楽祭では町内を山車が曳きまわり、夜は挙母神社にて七度参りが行われます。本楽祭では、挙母神社にて山車の曳き込み、山車の曳き出しが行われます。 「ワッショ、ワッショ」のかけ声のもと、大量の紙吹雪が舞う中を山車が練り歩く様が圧巻の挙母まつり。荒々しく躍動的な力強さと、八輌の山車や紙吹雪による華やかさを兼ね備えた、三河地区でも有数のおまつりです。起源は古く、江戸時代後期から明治初期に今の形になったと言われ、挙母城下の心意気が今に伝えられています。 まつりは2日間にわたり、「試楽祭」と「本楽祭」が行われます。試楽祭では、八輌の見事な山車がそれぞれの町内を曳きまわり、夜は挙母神社において、八つの町の人々が提灯をもって五穀豊穣を祈願して境内を七周する「七度参り」が行われます。2日目の本楽祭で、奉納のために挙母神社に一斉に集まり、花火の号砲を合図に、紙吹雪とともに練り歩きます。愛知県の有形民族文化財、豊田市の指定文化財に指定される八輌の山車が、そろって挙母神社に奉納される姿は、まさに壮観な風景です。

comments powered by Disqus

Japan付近のパノラマ

map

A: 豊田大橋と豊田スタジアム TOYOTA BIG BRIDGE & STADIUM

中山晴彦作, ここから500メートル

豊田市の矢作川に架かる道路橋。1999年、平成11年竣工。その橋の袂には「豊田スタジアム」がある。設計はスタジアムも手掛けた「黒川紀章建築都市設計事務所」。その特異な形状は、自然の優れた造形物である動物...

豊田大橋と豊田スタジアム TOYOTA BIG BRIDGE & STADIUM

B: 豊田スタジアムと豊田大橋 TOYOTA STADIUM & TOYOTA BIG BRIDGE 

中山晴彦作, ここから550メートル

黒川紀章の設計で2001年7月開場したサッカーなどの球技場。コンサート等にも使用される。2013年に完成予定のロシア、サンクトペテルブルグの「ガスプロム・アリーナ」のデザインはこの「豊田スタジアム」とほ...

豊田スタジアムと豊田大橋 TOYOTA STADIUM & TOYOTA BIG BRIDGE 

C: コウノトリ凧 Kite like white stork flying

中山晴彦作, ここから650メートル

1986年に絶滅した日本の天然記念物コウノトリ。1989年ハバロフスクより来たコウノトリにヒナ誕生。その後兵庫県で人工飼育し2002年100羽を超え2005年以降放鳥開始。現在までに数十羽野外で繁殖し、...

コウノトリ凧 Kite like white stork flying

D: Mini Camping Car

永田 正男作, 1.4kmかなた

Mini Camping Car

E: 平芝梅林公園2 HIRASHIBA Park 2

中山晴彦作, 1.6kmかなた

平芝公園は、広さ7.12haの公園で園内には赤い花が特徴の「しだれ紅梅」、白い花を咲かせる「冬至梅」など32種、525本の梅が植えられています。 このうち、484本の梅が豊田南ライオンズクラブの寄付によ...

平芝梅林公園2 HIRASHIBA Park 2

F: 平芝梅林公園 HIRASHIBA Park

中山晴彦作, 1.6kmかなた

平芝公園は、広さ7.12haの公園で園内には赤い花が特徴の「しだれ紅梅」、白い花を咲かせる「冬至梅」など32種、525本の梅が植えられています。 このうち、484本の梅が豊田南ライオンズクラブの寄付によ...

平芝梅林公園 HIRASHIBA Park

H: ヒガンバナ Cluster amaryllis-3

中山晴彦作, 2.9kmかなた

逢妻女川彼岸花群生地愛知県豊田市宮口町宮口上自治区の有志により結成された逢妻女川彼岸花育成会ではこの地域を流れる逢妻女川を花でかざり、住民の憩いの場にしようと1996年から川の両岸の土手に彼岸花を植え続...

ヒガンバナ Cluster amaryllis-3

I: ヒガンバナ Cluster amaryllis

中山晴彦作, 2.9kmかなた

逢妻女川彼岸花群生地愛知県豊田市宮口町宮口上自治区の有志により結成された逢妻女川彼岸花育成会ではこの地域を流れる逢妻女川を花でかざり、住民の憩いの場にしようと1996年から川の両岸の土手に彼岸花を植え続...

ヒガンバナ Cluster amaryllis

J: 彼岸花 Cluster amaryllis

中山晴彦作, 2.9kmかなた

 It is a famous place of the cluster amaryllis(HIGAN-BANA) in Toyota-City, Aichi. It will be based on...

彼岸花 Cluster amaryllis

このパノラマはJapanで撮影されました

これはJapan領域の概要です

The eight islands of Japan sprang into existence through Divine Intervention.

The first two gods who came into existence were Izanagi no Mikoto and Izanami no Mikoto, the Exalted Male and Exalted Female. It was their job to make the land for people to live on.

They went to the bridge between heaven and earth and, using a jewel-encrusted halberd, Izanagi and Izanami churned up the sea into a frothy foam. As salty drips of water fell from the tip of the halberd the first island was formed. Its name was Onogoro.

So far, so good. But when Izanagi and Izanami first met on their island, Izanami spoke to Isanagi without being spoken to first. Since she was the female, and this was improper, their first union created badly-formed offspring who were sent off into the sea in boats.

The next time they met, Izanagi was sure to speak first, ensuring the proper rules were followed, and this time they produced eight children, which became the islands of Japan.

I'm sure you did not fail to miss the significance of this myth for the establishment of Japanese formal society.

At present, Japan is the financial capital of Asia. It has the second largest economy in the world and the largest metropolitan area (Tokyo.)

Technically there are three thousand islands making up the Japanese archipelago. Izanagi and Izanami must have been busy little devils with their jewelled halberd...

Japan's culture is highly technical and organized. Everything sparkles and swooshes on silent, miniaturized mechanisms.

They're a world leader in robotics, and the Japanese have the longest life-expectancy on earth.

Text by Steve Smith.

このパノラマをシェアする