コブノ頭からのジャンダルム
シェア
mail
License license
loading...
Loading ...

パノラマを撮影したのは 岩森直人 撮影日 09:49, 03/10/2012 - Views loading...

Advertisement

コブノ頭からのジャンダルム

The World > Asia > Japan

タグ: mountain, nature

  • いいね! / ダメ
  • thumbs up
  • thumbs down

ここは、「ジャンダルム」と呼ばれる岩峰を西穂高側の稜線にあるコブノ頭と呼ばれる場所から撮影したパノラマです。

奥穂高側から見るジャンダルムは垂直の岩壁が大きな階段状に見えるが、こちら側からは比較的穏やかな岩山のように見える。登るのも西穂高側からが一般的であろう。

comments powered by Disqus

Japan付近のパノラマ

map

A: Gendarme

岩森直人作, ここから140メートル

Gendarme. This huge ridge is in japan north alps.Steep ridge is difficult to pass by.Take care!

Gendarme

B: Ridge between Mt. Oku hotaka and Gendarme

岩森直人作, ここから160メートル

This is north alps in japan.Beautiful sky spread behind huge rock ridge.Mt Oku hotaka and Gendarme co...

Ridge between Mt. Oku hotaka and Gendarme

C: 穂高の稜線

岩森直人作, ここから220メートル

数日前に過ぎ去った強い台風の影響だろう、雲が多い撮影日だった。時折尾根全体が真っ白な雲に覆われる時もあったが、逆に雲の中からワッと現れるジャンダルムや奥穂高岳そして急峻な岩尾根が絶好の被写体として目の前...

穂高の稜線

D: Steep ridge called Umanose.

岩森直人作, ここから320メートル

馬の背と呼ばれる奥穂高岳から西穂高へ伸びる稜線上の難所のパノラマです。 尾根の左右どちらとも切れ落ち高度感があり、通過する場合、特に奥穂高側から西穂高側へ行く下り方向の方が困難に感じるでしょう。重荷の時...

Steep ridge called Umanose.

E: 奥穂高岳山頂と祠

岩森直人作, ここから520メートル

日本第三位の標高を誇る奥穂高岳(3190m)の山頂のパノラマです。ここからは周囲を遮る事の無い視界を楽しめ、天気のいい日には富士山を望む事ができ、三方向に伸びる尾根をそれぞれたどれば北に槍ヶ岳、西に西穂...

奥穂高岳山頂と祠

F: 白出のコル 穂高岳山荘

岩森直人作, ここから870メートル

奥穂高岳と涸沢岳の間の鞍部にある山小屋、穂高岳山荘のパノラマです。白出のコルと呼ばれるこの場所は多くの登山者が行き交う交差点のような場所です。南に行けば奥穂高岳を経て岳沢〜上高地。山頂へは急な岩場にかけ...

白出のコル 穂高岳山荘

G: Mt.Yari

岩森直人作, ここから870メートル

槍ヶ岳の山頂を少しだけ北鎌側に降りた場所で撮影したパノラマです。荒々しく赤い硫黄尾根とピラミッド状の北鎌尾根の独標がまず目に飛び込んできます。奥には笠ガ岳、双六岳、三俣蓮華、黒部五郎、薬師岳等など北アル...

Mt.Yari

H: 南岳小屋

岩森直人作, ここから870メートル

北アルプスの主稜線にある南岳小屋は独特の雰囲気を持っていると感じる。長時間歩いた後にたどり着く山小屋の安心感は普段の生活の中ではなかなか感じる事ができない。テント場も冬期小屋もあり、まさに山のオアシスの...

南岳小屋

I: Mt.Karasawa(3103m)

岩森直人作, 1.1kmかなた

涸沢岳(3103m)のピークから10m程西に下った斜面で撮影した写真です。穂高特有の岩が堆積した岩肌を大きく入れてみた。ここからは奥穂高岳やその稜線、笠ヶ岳も良く見渡せて展望は素晴らしい。涸沢岳の山頂に...

Mt.Karasawa(3103m)

J: Perpetual snow in Dakesawa

岩森直人作, 1.1kmかなた

Perpetual snow in Dakesawa

このパノラマはJapanで撮影されました

これはJapan領域の概要です

The eight islands of Japan sprang into existence through Divine Intervention.

The first two gods who came into existence were Izanagi no Mikoto and Izanami no Mikoto, the Exalted Male and Exalted Female. It was their job to make the land for people to live on.

They went to the bridge between heaven and earth and, using a jewel-encrusted halberd, Izanagi and Izanami churned up the sea into a frothy foam. As salty drips of water fell from the tip of the halberd the first island was formed. Its name was Onogoro.

So far, so good. But when Izanagi and Izanami first met on their island, Izanami spoke to Isanagi without being spoken to first. Since she was the female, and this was improper, their first union created badly-formed offspring who were sent off into the sea in boats.

The next time they met, Izanagi was sure to speak first, ensuring the proper rules were followed, and this time they produced eight children, which became the islands of Japan.

I'm sure you did not fail to miss the significance of this myth for the establishment of Japanese formal society.

At present, Japan is the financial capital of Asia. It has the second largest economy in the world and the largest metropolitan area (Tokyo.)

Technically there are three thousand islands making up the Japanese archipelago. Izanagi and Izanami must have been busy little devils with their jewelled halberd...

Japan's culture is highly technical and organized. Everything sparkles and swooshes on silent, miniaturized mechanisms.

They're a world leader in robotics, and the Japanese have the longest life-expectancy on earth.

Text by Steve Smith.

このパノラマをシェアする