神流町中里合同庁舎
シェア
mail
License license
loading...
Loading ...

パノラマを撮影したのは Hiroky OGAWA EXPERT 撮影日 09:48, 19/11/2010 - Views loading...

Advertisement

神流町中里合同庁舎

The World > Asia > Japan

  • いいね! / ダメ
  • thumbs up
  • thumbs down

中里村役場として計画されたものの、隣の万場町と合併となり、結局役場としては一度も使われたことがない神流町中里合同庁舎。1階は図書コーナーと なり、あり得ない高さまで棚が使われており、役場事務所として使われる予定だった4Fはフィットネスジムとなっている。どうしてそのような駄洒落になった のかはわからないけれども、地元中学生たちとワークショップを開いたりしたところが評価されているようなので、きっと誰かが何気なく言った冗談が現実となってしまったのかもしれない。

向かいの体育館とせっとになっているらしい。

comments powered by Disqus

Japan付近のパノラマ

map

A: 神流町中里合同庁舎

Hiroky OGAWA作, ここから10メートル

中里村役場として計画されたものの、隣の万場町と合併となり、結局役場としては一度も使われたことがない神流町中里合同庁舎。1階は図書コーナーとなり、あり得ない高さまで棚が使われており、役場事務所として使われ...

神流町中里合同庁舎

B: 尾ノ内渓谷氷柱その2

Taro Tsubomura作, 6.1kmかなた

Onouchi valley is located in the mountain area in Saitama Prefecture.  The Ice art has been made in w...

尾ノ内渓谷氷柱その2

C: 尾ノ内渓谷(埼玉県小鹿野町)の氷柱

Taro Tsubomura作, 6.2kmかなた

These icicles are artificially made for tourists by the people lived in this village.  It is very col...

尾ノ内渓谷(埼玉県小鹿野町)の氷柱

D: 笠丸山(アカヤシオの花の咲く)

H.Sakoda作, 6.7kmかなた

笠丸山(1189m)、群馬県上野村。笠丸山は麓から1時間ほどで登れてしまうが、山頂からは360度の展望が得られる。丁度アカヤシオの咲く時期で、山頂付近は桃色に華やいでいて春らしいハイキングとなった。

笠丸山(アカヤシオの花の咲く)

E: 両神山東岳

H.Sakoda作, 7.0kmかなた

両神山へ八丁尾根から登った。東岳はその途中にある。八丁峠から西岳を越えて東岳へ行くのであるが、その間にはキレットがあり20ほどの鎖場・岩場を越えていかなければならない。丁度紅葉のピークで眼下に拡がる極彩...

両神山東岳

F: 両神山

H.Sakoda作, 7.7kmかなた

八丁尾根から両神山へ登った。八丁尾根は岩稜の険しい尾根で、岩場が多く、鎖場も30箇所程ある。その分見晴らしの良い岩頭や稜線が多く景色が良かった。この日は紅葉がとても綺麗であった。

両神山

G: シラケ山(秋)(群馬県)

H.Sakoda作, 11.5kmかなた

群馬県の南牧村と上野村の村境にある天狗岩~烏帽子岳を歩いてきた。その途中にあるシラケ山からのパノラマ。シラケ山から烏帽子岳へは細く切り立った岩稜を縦走する登山コースがあり眺望とスリルを楽しむことが出来る...

シラケ山(秋)(群馬県)

H: シラケ山(群馬県)

H.Sakoda作, 11.5kmかなた

シラケ山(1274m)展望の良いハイキングコースとして隣の天狗岩が有名だが、こちらのシラケ山までは登る人が少ない。しかし展望の良さではシラケ山の方が上だと思う。

シラケ山(群馬県)

I: 烏帽子岳(群馬県南牧村)

H.Sakoda作, 12.4kmかなた

烏帽子岳(1182m)天狗岩から岩稜縦走コースを歩いて来た。今年はアカヤシオの花が少ないと皆言っているとおり、ちらほらとしか見れなかった。

烏帽子岳(群馬県南牧村)

J: 烏帽子岳(秋)(群馬県)

H.Sakoda作, 12.4kmかなた

烏帽子岳はシラケ山から見ると岩の塔のようで登れそうに見えないが、登山道を攀じ登っていくとさほど苦労せずに山頂へ立つことができる。山頂からは360度の見晴らしで西上州の山々を見ることが出来るが、この日は春...

烏帽子岳(秋)(群馬県)

このパノラマはJapanで撮影されました

これはJapan領域の概要です

The eight islands of Japan sprang into existence through Divine Intervention.

The first two gods who came into existence were Izanagi no Mikoto and Izanami no Mikoto, the Exalted Male and Exalted Female. It was their job to make the land for people to live on.

They went to the bridge between heaven and earth and, using a jewel-encrusted halberd, Izanagi and Izanami churned up the sea into a frothy foam. As salty drips of water fell from the tip of the halberd the first island was formed. Its name was Onogoro.

So far, so good. But when Izanagi and Izanami first met on their island, Izanami spoke to Isanagi without being spoken to first. Since she was the female, and this was improper, their first union created badly-formed offspring who were sent off into the sea in boats.

The next time they met, Izanagi was sure to speak first, ensuring the proper rules were followed, and this time they produced eight children, which became the islands of Japan.

I'm sure you did not fail to miss the significance of this myth for the establishment of Japanese formal society.

At present, Japan is the financial capital of Asia. It has the second largest economy in the world and the largest metropolitan area (Tokyo.)

Technically there are three thousand islands making up the Japanese archipelago. Izanagi and Izanami must have been busy little devils with their jewelled halberd...

Japan's culture is highly technical and organized. Everything sparkles and swooshes on silent, miniaturized mechanisms.

They're a world leader in robotics, and the Japanese have the longest life-expectancy on earth.

Text by Steve Smith.

このパノラマをシェアする