姫路市の小赤壁
シェア
mail
License license
loading...
Loading ...

パノラマを撮影したのは Kengo Shimizu PRO EXPERT 撮影日 03:38, 05/05/2011 - Views loading...

姫路市の小赤壁

The World > Asia > Japan

タグ: red cliff, himeji

  • いいね! / ダメ
  • thumbs up
  • thumbs down

兵庫県姫路市の南東部には、小赤壁と呼ばれる断崖があります。

高さ50mほどの崖が800mほどの長さで続いており、これが中国の赤壁に似ていることから、小赤壁と名付けられたそうです。

日本海側では珍しくありませんが、瀬戸内海に面した海岸でこのような絶壁がある場所は珍しいとのことです。

comments powered by Disqus

Japan付近のパノラマ

map

A: 木場公園からの展望(姫路市)

Kengo Shimizu作, ここから580メートル

兵庫県姫路市の南東部には、小赤壁と呼ばれる断崖があります。高さ50mほどの崖が800mほどの長さで続いており、これが中国の赤壁に似ていることから、小赤壁と名付けられたそうです。日本海側では珍しくありませ...

木場公園からの展望(姫路市)

B: 木場公園の展望台からの眺め(姫路市)

Kengo Shimizu作, ここから610メートル

兵庫県姫路市の南東部には、小赤壁と呼ばれる断崖があります。高さ50mほどの崖が800mほどの長さで続いており、これが中国の赤壁に似ていることから、小赤壁と名付けられたそうです。日本海側では珍しくありませ...

木場公園の展望台からの眺め(姫路市)

C: 灘のけんか祭りの練り場(兵庫県姫路市)

Kengo Shimizu作, 3.8kmかなた

兵庫県姫路市白浜、御旅山の南麓にある練り場です。姫路市白浜町の松原八幡神社の秋の祭り、灘のけんか祭りは御輿をぶつけ合う勇壮な祭りとして有名ですが、練り場は想像以上に小さく、客席の広さが印象的です。灘のけ...

灘のけんか祭りの練り場(兵庫県姫路市)

D: 黒田職隆の廟所(姫路市飾磨区妻鹿)

hironobu honjyo作, 4.1kmかなた

黒田官兵衛の父、黒田職隆の廟所。官兵衛が稀代の軍師とよばれるまでに成長したのは、この父の存在が大きい。黒田家の家風でもあるが、人民に慕われ、地域の人々には筑前さんのお墓として今もなお大事にされている。

黒田職隆の廟所(姫路市飾磨区妻鹿)

E: 御旅山山頂からの展望(兵庫県姫路市)

Kengo Shimizu作, 4.2kmかなた

兵庫県姫路市の南部にある御旅山山頂からの展望です。標高は140.1mと低いですが、周囲に高い山がないために展望を楽しむことが出来ます。この山頂には四等三角点(点名:妻鹿)がありますが、その三角点標石の真...

御旅山山頂からの展望(兵庫県姫路市)

F: 小富士山(麻生山)山頂からの展望(兵庫県姫路市)

Kengo Shimizu作, 4.5kmかなた

兵庫県姫路市にある小富士山(麻生山)(標高:173m)の山頂から南向けの展望が見えるように撮影したパノラマです。山頂の西側からは、北西の姫路市街地を見ることもできます。西側にアンテナが林立する山がありま...

小富士山(麻生山)山頂からの展望(兵庫県姫路市)

G: 甲山(国府山城址) 姫路市飾磨区妻鹿

hironobu honjyo作, 4.7kmかなた

国府山城址。 黒田職隆の居城で、秀吉に姫路城を明渡した官兵衛はこの城に移り住んだ。姫路城よりも播磨灘にに近く、毛利との決戦を控えた時期においては、海上輸送を監視するうえで重要な地点だった。 今も生茂る草...

甲山(国府山城址) 姫路市飾磨区妻鹿

H: 黒田家廟所(御着城跡)

hironobu honjyo作, 5.7kmかなた

黒田官兵衛の祖父、黒田重隆と母の墓所で御着城跡にある。 御着城は赤松一族の小寺氏の居城で、永正16年に小寺政隆が築城したと言われ、天正7年に羽柴秀吉に攻められ落城、城割が行われ廃城となった。

黒田家廟所(御着城跡)

I: 宝殿山山頂からの展望(兵庫県高砂市)

Kengo Shimizu作, 6.0kmかなた

兵庫県高砂市の生石(おうしこ)神社がある宝殿山山頂で撮影したパノラマです。この山の中腹にある生石神社には、石の宝殿と呼ばれる奇岩があり、それが御神体として祭られています。石の宝殿を撮影したパノラマもこの...

宝殿山山頂からの展望(兵庫県高砂市)

J: 奇岩:石の宝殿の北面(兵庫県高砂市)

Kengo Shimizu作, 6.1kmかなた

兵庫県高砂市の生石(おうしこ)神社に祭られている奇岩、石の宝殿です。石の大きさは、幅6.45m、高さ5.7m、奥行き5.45mです。南側を見ると直方体に見えますが、北西を向いた面にはこのような四角錐の突...

奇岩:石の宝殿の北面(兵庫県高砂市)

このパノラマはJapanで撮影されました

これはJapan領域の概要です

The eight islands of Japan sprang into existence through Divine Intervention.

The first two gods who came into existence were Izanagi no Mikoto and Izanami no Mikoto, the Exalted Male and Exalted Female. It was their job to make the land for people to live on.

They went to the bridge between heaven and earth and, using a jewel-encrusted halberd, Izanagi and Izanami churned up the sea into a frothy foam. As salty drips of water fell from the tip of the halberd the first island was formed. Its name was Onogoro.

So far, so good. But when Izanagi and Izanami first met on their island, Izanami spoke to Isanagi without being spoken to first. Since she was the female, and this was improper, their first union created badly-formed offspring who were sent off into the sea in boats.

The next time they met, Izanagi was sure to speak first, ensuring the proper rules were followed, and this time they produced eight children, which became the islands of Japan.

I'm sure you did not fail to miss the significance of this myth for the establishment of Japanese formal society.

At present, Japan is the financial capital of Asia. It has the second largest economy in the world and the largest metropolitan area (Tokyo.)

Technically there are three thousand islands making up the Japanese archipelago. Izanagi and Izanami must have been busy little devils with their jewelled halberd...

Japan's culture is highly technical and organized. Everything sparkles and swooshes on silent, miniaturized mechanisms.

They're a world leader in robotics, and the Japanese have the longest life-expectancy on earth.

Text by Steve Smith.

このパノラマをシェアする