舞子海上プロムナード展望広場
シェア
mail
License license
loading...
Loading ...

パノラマを撮影したのは Kengo Shimizu PRO EXPERT 撮影日 01:54, 11/06/2011 - Views loading...

舞子海上プロムナード展望広場

The World > Asia > Japan

  • いいね! / ダメ
  • thumbs up
  • thumbs down

舞子海上プロムナードは、明石海峡大橋の車道部分のすぐ下に作られた遊歩道で、海面からの高さは47mあります。

ここからは明石海峡大橋の巨大さ、構造の複雑さを間近に眺めることが出来ます。

JR舞子駅から歩いてすぐ、巨大なアンカーブロック(アンカレイジ)南面に入り口があり、エレベータで遊歩道へ上がれます。

comments powered by Disqus

Japan付近のパノラマ

map

A: 舞子海上プロムナード

red whale作, ここから40メートル

Maiko Marine Promenade

舞子海上プロムナード

B: 橋の科学館前で撮影した明石海峡大橋

Kengo Shimizu作, ここから90メートル

明石海峡大橋(別名:パールブリッジ)は、兵庫県神戸市と淡路島をつなぐ、世界一の長さを誇る吊り橋です。神戸側のアンカーブロック(アンカレイジ)西側には橋の科学館があり、明石海峡大橋に使われている技術が展示...

橋の科学館前で撮影した明石海峡大橋

C: 黒糖焼酎Bar Vocalist (神戸市垂水区)

Kengo Shimizu作, 2.1kmかなた

兵庫県神戸市垂水区のJR垂水駅東口を下りてすぐの場所にある黒糖焼酎Bar「Vocalist」の店内の様子です。お店はビルの3階で、道を歩いていても簡単には見つけられません。マスターが手作りで仕上げた店内...

黒糖焼酎Bar Vocalist (神戸市垂水区)

D: 淡路サービスエリア

Hiroharu Shizuya作, 5.4kmかなた

本州と四国を淡路島経由で結ぶ自動車道なのですが、本州側から淡路島に入ったさいにあるサービスエリアです。その中に観覧車がありました。きっと夜は明石海峡や神戸の夜景などがきれいなんだろうなぁと思います。

淡路サービスエリア

E: 神戸市の旗振茶屋前からの展望

Kengo Shimizu作, 5.8kmかなた

兵庫県神戸市の旗振山(252.6m)にある旗振茶屋前で撮影したパノラマです。須磨浦公園からロープウェイ、カーレーター、リフトを乗り継ぎ、手軽にここまで登ることが出来ます。旗振山の近くには、須磨浦山上遊園...

神戸市の旗振茶屋前からの展望

F: 神戸市の鉢伏山回転展望閣からの眺め

Kengo Shimizu作, 5.9kmかなた

兵庫県神戸市の鉢伏山回転展望閣の屋上で撮影したパノラマです。山の上にありますが、遊歩道が整備されていますし、ロープウェイで手軽に登ることもできます。鉢伏山回転展望閣は3階建ての円形の建物で、屋上はこのパ...

神戸市の鉢伏山回転展望閣からの眺め

G: 兵庫県神戸市のみどりの塔

Kengo Shimizu作, 6.7kmかなた

兵庫県神戸市のみどりの塔前で撮影したパノラマです。みどりの塔は、天皇皇后両陛下が神戸に来られたことを記念して1954年に建てられました。その際、記念植樹もされています。みどりの塔には地球儀が2つ載ってい...

兵庫県神戸市のみどりの塔

H: 須磨寺の三重塔

Kengo Shimizu作, 7.5kmかなた

神戸市須磨区須磨寺町にある大本山 須磨寺の三重塔前で撮影したパノラマです。須磨寺は一ノ谷の合戦場に近いため、平敦盛の笛や首塚、平敦盛を討ち取った熊谷直実と平敦盛の銅像があります。他に、ユーモラスな石仏な...

須磨寺の三重塔

I: 須磨寺の本堂前

Kengo Shimizu作, 7.5kmかなた

神戸市須磨区須磨寺町にある大本山 須磨寺の本堂前で撮影したパノラマです。須磨寺は一ノ谷の合戦場に近いため、平敦盛の笛や首塚、平敦盛を討ち取った熊谷直実と平敦盛の銅像があります。他に、ユーモラスな石仏など...

須磨寺の本堂前

J: 須磨寺の仁王門前

Kengo Shimizu作, 7.6kmかなた

神戸市須磨区須磨寺町にある大本山 須磨寺の仁王門前で撮影したパノラマです。須磨寺は一ノ谷の合戦場に近いため、平敦盛の笛や首塚、平敦盛を討ち取った熊谷直実と平敦盛の銅像があります。他に、ユーモラスな石仏な...

須磨寺の仁王門前

このパノラマはJapanで撮影されました

これはJapan領域の概要です

The eight islands of Japan sprang into existence through Divine Intervention.

The first two gods who came into existence were Izanagi no Mikoto and Izanami no Mikoto, the Exalted Male and Exalted Female. It was their job to make the land for people to live on.

They went to the bridge between heaven and earth and, using a jewel-encrusted halberd, Izanagi and Izanami churned up the sea into a frothy foam. As salty drips of water fell from the tip of the halberd the first island was formed. Its name was Onogoro.

So far, so good. But when Izanagi and Izanami first met on their island, Izanami spoke to Isanagi without being spoken to first. Since she was the female, and this was improper, their first union created badly-formed offspring who were sent off into the sea in boats.

The next time they met, Izanagi was sure to speak first, ensuring the proper rules were followed, and this time they produced eight children, which became the islands of Japan.

I'm sure you did not fail to miss the significance of this myth for the establishment of Japanese formal society.

At present, Japan is the financial capital of Asia. It has the second largest economy in the world and the largest metropolitan area (Tokyo.)

Technically there are three thousand islands making up the Japanese archipelago. Izanagi and Izanami must have been busy little devils with their jewelled halberd...

Japan's culture is highly technical and organized. Everything sparkles and swooshes on silent, miniaturized mechanisms.

They're a world leader in robotics, and the Japanese have the longest life-expectancy on earth.

Text by Steve Smith.

このパノラマをシェアする