うすくち龍野醤油資料館(兵庫県たつの市)の圧搾場
シェア
mail
License license
loading...
Loading ...

パノラマを撮影したのは Kengo Shimizu PRO EXPERT 撮影日 03:59, 02/11/2012 - Views loading...

うすくち龍野醤油資料館(兵庫県たつの市)の圧搾場

The World > Asia > Japan

  • いいね! / ダメ
  • thumbs up
  • thumbs down

兵庫県たつの市にあるうすくち龍野醤油資料館内、圧搾場で撮影したパノラマです。

もろみを圧縮し、醤油を絞り出すための場所で、水圧を利用する機械やおもりに使う石、長い棒のある棒締式圧搾機等が置かれています。

comments powered by Disqus

Japan付近のパノラマ

map

A: うすくち龍野醤油資料館(兵庫県たつの市)の原料処理場

Kengo Shimizu作, ここから30メートル

兵庫県たつの市にあるうすくち龍野醤油資料館内、原料処理場で撮影したパノラマです。薄口醤油の原材料である大豆を炊き、小麦を炒り、米を炊くための設備です。水は井戸からくみ上げた地下水を使用していたそうです。

うすくち龍野醤油資料館(兵庫県たつの市)の原料処理場

B: 重要文化財「永富家住宅」の竈(兵庫県たつの市)

Kengo Shimizu作, 3.3kmかなた

兵庫県たつの市にある重要文化財「永富家住宅」の土間で撮影したパノラマです。日本の竈には煙突がありませんが、これは竈から出た煙にいぶされることによって建物の防虫性や防水性が高まるためです。 この竈の北側に...

重要文化財「永富家住宅」の竈(兵庫県たつの市)

C: 重要文化財「永富家住宅」の土間(兵庫県たつの市)

Kengo Shimizu作, 3.3kmかなた

兵庫県たつの市にある重要文化財「永富家住宅」の土間で撮影したパノラマです。西を見ると部屋が2列並んでいますが、左は手前から下の間、下座敷、中座敷、上座敷、右は手前が下の間でその奥が中の間です。中の間の向...

重要文化財「永富家住宅」の土間(兵庫県たつの市)

D: 祗園嶽(兵庫県たつの市)山頂からの展望

Kengo Shimizu作, 5.0kmかなた

兵庫県たつの市にある祗園嶽(ぎおんだけ)山頂からの展望をパノラマ撮影しました。祗園嶽を北端、的場山を南端とする山塊は新宮町とたつの市にまたがっているため新龍アルプスと呼ばれており、東から見ると寝釈迦の姿...

祗園嶽(兵庫県たつの市)山頂からの展望

E: 黍田富士(兵庫県たつの市)山頂展望台からの眺め

Kengo Shimizu作, 5.9kmかなた

兵庫県たつの市にある黍田(きびた)富士山頂にある2階建ての展望台で撮影したパノラマです。標高は166mしかありませんが、眼下には新幹線のレールや揖保川を見下ろせ、視線を上げると新龍アルプスと呼ばれる山塊...

黍田富士(兵庫県たつの市)山頂展望台からの眺め

F: 黒田官兵衛古戦場跡(姫路市青山)

hironobu honjyo作, 7.8kmかなた

永禄12年。姫路城を攻めようとした赤松政秀と別所安治を官兵衛が迎え撃った戦場跡。 三千の兵を相手に百五十人の手勢で奮戦した。 敵の全方位を囲うと、敵は逃げ場を失って全力で戦いを挑んでくる。三方を囲み残り...

黒田官兵衛古戦場跡(姫路市青山)

G: 相生市の天下台山にあるとんび岩からの眺め

Kengo Shimizu作, 8.0kmかなた

兵庫県相生市の天下台山の北へ伸びる尾根上に、とんび岩と呼ばれる岩があり、その上で撮影したパノラマです。天下台山の北尾根コースと呼ばれる登山道を歩いていると出会うことが出来、横から見ると鳥の頭のような形を...

相生市の天下台山にあるとんび岩からの眺め

H: 京見山の山頂近くからの展望

Kengo Shimizu作, 8.6kmかなた

兵庫県姫路市の京見山山頂近くの岩場からの展望です。この山の南側の尾根には、かつて米軍機を攻撃するための高射砲陣地が作られていました。現在でも約3メートル四方の高射砲陣地の石積みが残っており、他にも古い金...

京見山の山頂近くからの展望

I: 姫路市の伊勢山山頂からの展望

Kengo Shimizu作, 9.0kmかなた

兵庫県姫路市の書写山の北西にある伊勢山の西峰山頂で撮影したパノラマです。ここからは足下に林田町を見下ろすことが出来、視線を上げて西を見ると新龍アルプスを眺めることが出来ます。この山頂直下には「神座の窟」...

姫路市の伊勢山山頂からの展望

J: 伊勢山の神座の窟内部

Kengo Shimizu作, 9.0kmかなた

兵庫県姫路市の書写山の北西にある伊勢山の西峰、山頂直下にある岩の割れ目の中で撮影したパノラマです。この岩の割れ目は「神座の窟」と呼ばれており、伊勢山の名所になっています。内部には小さな石仏が数体祀られて...

伊勢山の神座の窟内部

このパノラマはJapanで撮影されました

これはJapan領域の概要です

The eight islands of Japan sprang into existence through Divine Intervention.

The first two gods who came into existence were Izanagi no Mikoto and Izanami no Mikoto, the Exalted Male and Exalted Female. It was their job to make the land for people to live on.

They went to the bridge between heaven and earth and, using a jewel-encrusted halberd, Izanagi and Izanami churned up the sea into a frothy foam. As salty drips of water fell from the tip of the halberd the first island was formed. Its name was Onogoro.

So far, so good. But when Izanagi and Izanami first met on their island, Izanami spoke to Isanagi without being spoken to first. Since she was the female, and this was improper, their first union created badly-formed offspring who were sent off into the sea in boats.

The next time they met, Izanagi was sure to speak first, ensuring the proper rules were followed, and this time they produced eight children, which became the islands of Japan.

I'm sure you did not fail to miss the significance of this myth for the establishment of Japanese formal society.

At present, Japan is the financial capital of Asia. It has the second largest economy in the world and the largest metropolitan area (Tokyo.)

Technically there are three thousand islands making up the Japanese archipelago. Izanagi and Izanami must have been busy little devils with their jewelled halberd...

Japan's culture is highly technical and organized. Everything sparkles and swooshes on silent, miniaturized mechanisms.

They're a world leader in robotics, and the Japanese have the longest life-expectancy on earth.

Text by Steve Smith.

このパノラマをシェアする