千年家(兵庫県姫路市安富町)
シェア
mail
License license
loading...
Loading ...

パノラマを撮影したのは Kengo Shimizu PRO EXPERT 撮影日 07:14, 16/02/2012 - Views loading...

千年家(兵庫県姫路市安富町)

The World > Asia > Japan

タグ: japan, residence

  • いいね! / ダメ
  • thumbs up
  • thumbs down

兵庫県姫路市安富町皆河にある「千年家」の外観です。

室町時代末期に建てられた農家で、昭和40年頃まで実際に人が住んでいました。

桁行14メートル、梁間3.8メートル、一重、入母屋造・茅葺

昭和45~46年、文化庁指導の下で解体修理が行われ、何度か改修されて使用されてきたこの建物は、建立当時の姿に復元されました。

comments powered by Disqus

Japan付近のパノラマ

map

A: 千年家(兵庫県姫路市安富町)の土間

Kengo Shimizu作, ここから10メートル

兵庫県姫路市安富町皆河にある「千年家」の土間です。この土間には厩(うまや)や「からうす」、かまどがあります。室町時代末期に建てられた農家で、昭和40年頃まで実際に人が住んでいました。桁行14メートル、梁...

千年家(兵庫県姫路市安富町)の土間

B: 千年家(兵庫県姫路市安富町)の茶の間

Kengo Shimizu作, ここから10メートル

兵庫県姫路市安富町皆河にある「千年家」の茶の間です。室町時代末期に建てられた農家で、昭和40年頃まで実際に人が住んでいました。桁行14メートル、梁間3.8メートル、一重、入母屋造・茅葺昭和45~46年、...

千年家(兵庫県姫路市安富町)の茶の間

C: 千年藤(兵庫県宍粟市)

Kengo Shimizu作, 5.8kmかなた

兵庫県宍粟市山崎町の大歳神社にある千年藤です。藤棚の大きさは420平方メートルもあり、言い伝えでは960年に植えられたことになっており、それが千年藤の名前の由来になっています。毎年4月下旬から5月上旬に...

千年藤(兵庫県宍粟市)

D: 明神山(兵庫県姫路市)山頂からの展望

Kengo Shimizu作, 6.2kmかなた

兵庫県姫路市北部にある明神山(667.9m)の山頂、三等三角点標石(点名:明神山)の真上で撮影したパノラマです。独立峰のため展望が良く、数多くの登山ルートがあるためハイカーに人気が高い山です。非常に目立...

明神山(兵庫県姫路市)山頂からの展望

E: 国見山(465m)山頂の展望台からの眺め(兵庫県宍粟市)

Kengo Shimizu作, 8.3kmかなた

兵庫県宍粟市にある国見山山頂にある展望台で撮影したパノラマです。この山の南麓には兵庫県立国見の森公園があり、そこから山頂付近までモノレール(無料・要予約)が通っていて、それに乗れば簡単に山頂まで登れます...

国見山(465m)山頂の展望台からの眺め(兵庫県宍粟市)

F: 国見山(465m)山頂展望台内部の様子

Kengo Shimizu作, 8.4kmかなた

兵庫県宍粟市にある国見山山頂にある展望台内部で撮影したパノラマです。この山の南麓には兵庫県立国見の森公園があり、そこから山頂付近までモノレール(無料・要予約)が通っていて、それに乗れば簡単に山頂まで登れ...

国見山(465m)山頂展望台内部の様子

G: 姫路市指定文化財「佐野邸」の居間

Kengo Shimizu作, 9.2kmかなた

佐野邸は江戸時代中期に建てられた庄屋風の日本家屋で、佐野家が所有していました。その日本家屋の居間で撮影したパノラマです。この居間を含めて8畳の部屋が4つ、6畳の部屋が2つあり、さらに土間と釜屋があります...

姫路市指定文化財「佐野邸」の居間

H: 姫路市指定文化財「佐野邸」の式台(玄関)

Kengo Shimizu作, 9.2kmかなた

佐野邸は江戸時代中期に建てられた庄屋風の日本家屋で、佐野家が所有していました。このパノラマは、その佐野邸の式台と呼ばれる正式な玄関で撮影しました。駕籠でやってきた客を迎えるための玄関で、今で言う車寄せの...

姫路市指定文化財「佐野邸」の式台(玄関)

I: 姫路市指定文化財「佐野邸」の釜屋

Kengo Shimizu作, 9.2kmかなた

佐野邸は江戸時代中期に建てられた庄屋風の日本家屋で、佐野家が所有していました。その日本家屋の釜屋で撮影したパノラマです。釜屋は、現在で言うところの台所です。このパノラマから、当時の人々がどのようにして料...

姫路市指定文化財「佐野邸」の釜屋

J: 七種の滝(兵庫県神崎郡福崎町)

Kengo Shimizu作, 9.7kmかなた

兵庫県神崎郡福崎町にある七種(なぐさ)の滝の滝壺前で撮影したパノラマです。七種の滝は高さが72m、幅が3mありますが、普段はパノラマの通り水量が少なく、岩肌が濡れている程度です。雨の後などタイミングを見...

七種の滝(兵庫県神崎郡福崎町)

このパノラマはJapanで撮影されました

これはJapan領域の概要です

The eight islands of Japan sprang into existence through Divine Intervention.

The first two gods who came into existence were Izanagi no Mikoto and Izanami no Mikoto, the Exalted Male and Exalted Female. It was their job to make the land for people to live on.

They went to the bridge between heaven and earth and, using a jewel-encrusted halberd, Izanagi and Izanami churned up the sea into a frothy foam. As salty drips of water fell from the tip of the halberd the first island was formed. Its name was Onogoro.

So far, so good. But when Izanagi and Izanami first met on their island, Izanami spoke to Isanagi without being spoken to first. Since she was the female, and this was improper, their first union created badly-formed offspring who were sent off into the sea in boats.

The next time they met, Izanagi was sure to speak first, ensuring the proper rules were followed, and this time they produced eight children, which became the islands of Japan.

I'm sure you did not fail to miss the significance of this myth for the establishment of Japanese formal society.

At present, Japan is the financial capital of Asia. It has the second largest economy in the world and the largest metropolitan area (Tokyo.)

Technically there are three thousand islands making up the Japanese archipelago. Izanagi and Izanami must have been busy little devils with their jewelled halberd...

Japan's culture is highly technical and organized. Everything sparkles and swooshes on silent, miniaturized mechanisms.

They're a world leader in robotics, and the Japanese have the longest life-expectancy on earth.

Text by Steve Smith.

このパノラマをシェアする