赤穂市の茶臼山山頂からの展望
シェア
mail
License license
loading...
Loading ...

パノラマを撮影したのは Kengo Shimizu PRO EXPERT 撮影日 03:59, 24/07/2011 - Views loading...

赤穂市の茶臼山山頂からの展望

The World > Asia > Japan

タグ: mountain, akou

  • いいね! / ダメ
  • thumbs up
  • thumbs down

兵庫県赤穂市にある茶臼山山頂からの眺めです。

地形図に山名は載っていませんが、宝珠山のすぐ西、電波塔の記号のある山がそれです。

山頂まで1車線幅の道路になっているため楽に登ることが出来、山頂からは海岸沿いの古い町並みや坂越港、神社のある生島を見下ろすことが出来ます。

comments powered by Disqus

Japan付近のパノラマ

map

A: 赤穂市の旧坂越浦会所

Kengo Shimizu作, ここから480メートル

兵庫県赤穂市坂越にある旧坂越浦会所1階のパノラマです。坂越には、塩の取引で栄えていた頃の古い町並みや、天保初期に村会所として建てられた坂越浦会所が今も残っています。坂越浦会所は現在一般公開されており、無...

赤穂市の旧坂越浦会所

B: 兵庫県赤穂市坂越の海岸

Kengo Shimizu作, ここから560メートル

兵庫県赤穂市坂越の海岸です。塩の取引で栄えていた頃の古い町並みや、天保初期に村会所として建てられた坂越浦会所が今も残っています。坂越浦会所は現在一般公開されており、無料で中を見学することが出来ます。その...

兵庫県赤穂市坂越の海岸

C: 赤穂市の後山東側斜面(砂子新道)の様子

Kengo Shimizu作, 1.3kmかなた

兵庫県赤穂市にある251.1m三角点ピーク(点名:砂子)への登山道で撮影したパノラマです。砂子防災隊と書かれた道標が登山道沿いにあることから、砂子の方達が作った道であることが分かります。JRの車窓からも...

赤穂市の後山東側斜面(砂子新道)の様子

D: 尼子山城跡からの展望(兵庫県赤穂市)

Kengo Shimizu作, 2.0kmかなた

兵庫県赤穂市にある尼子山山頂の大岩に登って撮影したパノラマです。この山頂は、尼子将監義久によって築城されたと伝えられる尼子山城があった場所で、北側斜面には曲輪跡が複数明確に残っています。 また、南の高野...

尼子山城跡からの展望(兵庫県赤穂市)

E: 赤穂市の雄鷹台山登山道二合目からの展望

Kengo Shimizu作, 3.2kmかなた

兵庫県赤穂市にある雄鷹台山登山道の2合目からの展望です。麓の大師堂から石仏が並ぶ道を上れば、わずかな時間でこの展望を楽しむことが出来ます。赤穂市街地だけでなく、家島諸島や小豆島も間近に見えます。雄鷹台山...

赤穂市の雄鷹台山登山道二合目からの展望

F: 花岳寺(兵庫県赤穂市)の天井絵

Kengo Shimizu作, 4.0kmかなた

兵庫県赤穂市の花岳寺の本堂土間の天井に飾られている「竹に虎」と題した絵を撮影したパノラマです。安政元年寅年、法橋義信(ほっきょうよしのぶ)という赤穂の人が端午の節句のために書いた絵で、その子孫の方が花岳...

花岳寺(兵庫県赤穂市)の天井絵

G: 花岳寺の境内(兵庫県赤穂市)

Kengo Shimizu作, 4.1kmかなた

赤穂浪士を祀っている花岳寺の境内の様子です。浪士達の死を悼んで多くの人々が鐘をついたため、音が出なくなってしまったと言い伝えられている「鳴らずの鐘」や、浪士達の墓(遺体は東京に葬られているため、ここは遺...

花岳寺の境内(兵庫県赤穂市)

H: 赤穂玩具博物館(兵庫県赤穂市)

Kengo Shimizu作, 4.4kmかなた

兵庫県赤穂市の赤穂城跡のすぐ北にある赤穂玩具博物館で撮影したパノラマです。館長の鈴原氏は主に兵庫県南西部の民家や閉店したおもちゃ屋等から玩具を集め、2004年にこの博物館をオープンしました。展示されてい...

赤穂玩具博物館(兵庫県赤穂市)

I: 大石邸の回遊式庭園(兵庫県赤穂市)

Kengo Shimizu作, 4.4kmかなた

兵庫県赤穂市の赤穂城内、大石内蔵助の屋敷跡にある回遊式の日本庭園です。屋敷跡は大石神社になっていますが、吉良邸討ち入り後、江戸から急ぎ戻ってきた早水藤左衛門、萱野三平両名が扉をたたいたと思われる長屋門と...

大石邸の回遊式庭園(兵庫県赤穂市)

J: 大石神社(兵庫県赤穂市)

Kengo Shimizu作, 4.5kmかなた

兵庫県赤穂市の赤穂城内、大石内蔵助の屋敷跡にある大石神社の鳥居下で撮影したパノラマです。参道の両側には、四十七士の石像が並んでいます。討ち入りの後に出来たためさほど歴史は長くありませんが、明治天皇の命で...

大石神社(兵庫県赤穂市)

このパノラマはJapanで撮影されました

これはJapan領域の概要です

The eight islands of Japan sprang into existence through Divine Intervention.

The first two gods who came into existence were Izanagi no Mikoto and Izanami no Mikoto, the Exalted Male and Exalted Female. It was their job to make the land for people to live on.

They went to the bridge between heaven and earth and, using a jewel-encrusted halberd, Izanagi and Izanami churned up the sea into a frothy foam. As salty drips of water fell from the tip of the halberd the first island was formed. Its name was Onogoro.

So far, so good. But when Izanagi and Izanami first met on their island, Izanami spoke to Isanagi without being spoken to first. Since she was the female, and this was improper, their first union created badly-formed offspring who were sent off into the sea in boats.

The next time they met, Izanagi was sure to speak first, ensuring the proper rules were followed, and this time they produced eight children, which became the islands of Japan.

I'm sure you did not fail to miss the significance of this myth for the establishment of Japanese formal society.

At present, Japan is the financial capital of Asia. It has the second largest economy in the world and the largest metropolitan area (Tokyo.)

Technically there are three thousand islands making up the Japanese archipelago. Izanagi and Izanami must have been busy little devils with their jewelled halberd...

Japan's culture is highly technical and organized. Everything sparkles and swooshes on silent, miniaturized mechanisms.

They're a world leader in robotics, and the Japanese have the longest life-expectancy on earth.

Text by Steve Smith.

このパノラマをシェアする