N
N
Projections and Nav Modes
  • Normal View
  • Fisheye View
  • Architectural View
  • Stereographic View
  • Little Planet View
  • Panini View
Click and Drag / QTVR mode
このパノラマをシェアする
For Non-Commercial Use Only
This panorama can be embedded into a non-commercial site at no charge. 詳しくはこちら
Do you agree to the Terms & Conditions?
For commercial use, 連絡ください
Embed this Panorama
高さ
For Non-Commercial Use Only
For commercial use, 連絡ください
License this Panorama

Enhances advertising, editorial, film, video, TV, Websites, and mobile experiences.

LICENSE MODAL

0 Likes

Stromatolites New Caledonia
ニューカレドニア

Stromatolites are cyanobacterial reefs - one of the oldest forms of visible life on our planet. Fossil stromatolites, like the ones shown here on the To Ndu beach and high up on the cliffs, have been carbon dated in other parts of the world dating back 3.5 billion years.

The cyanobacteria cement particles of sediment together in concentric layers forming mushroom or egg-shaped "colonies". The colonies are not especially large. The one Freddy is sitting on (to give you a sense of the size of the colonies) is about a metre in diameter. But the ancient stromatolite colonies clustered together to form massive reef structures.

The island of To Ndu, some 15 miles west of Noumea, is actually a fossil stromatolite reef, 1.3km long by 0.4km wide and 70 metres above the sea floor making it one of the larger fossil stromatolite reefs in the world. On the eastern side the sea has erroded the stromatolites, forming a flat surface tiled with the cross sectional view of the ancient colonies.

The concentric fossil colonies you see in this sphere image are undoubtedly very, very old but this ancient form of life is still alive and thriving here in New Caledonia (reference Pringault & Camoin 2005).

Copyright: Richard Chesher
Type: Spherical
Resolution: 13092x6546
Taken: 28/07/2012
送信日: 30/07/2012
更新日: 01/04/2015
見られた回数:

...


Tags: stromatolites; new caledonia; fossil reef; stromatolite; cyanobacteria
comments powered by Disqus
More About ニューカレドニア

ニューカレドニアはオーストラリアとニュージーランドに最も近い南太平洋島です。ニューカレドニアはフランス領であり、フランス語が公用語として使われておりますが、文化はメラネシア、ヨーロッパ、ポリネシア、ベトナム、中国、インドネシア等多くの国の歴史をブレンドした国際的でユニークな文化を築いております。ニューカレドニアには、グランドテールと呼ばれる1つの大きな山の様な島と6つの小さい島があります。– 3つのロイヤルティー諸島、ベレップ諸島、イルデパン島島には果てしなく広がる荒野があり、そして驚くほど住民が少ないアイランドです。また何百キロメートルのウオ―キングトレック、キャンプ場、42以上の公園および特別保留地と輝やく滝を保つクリスタルクリアの川があります。人口3分の1ほとんどがヌメアの首都に居住しています。ニッケル採鉱はニューカレドニア第一の産業として、国の高い生活水準への主な役割をしています。グランドテールは世界で2番目に大きい堡礁に囲まれており、この堡礁によって造られ保護されたラグーンは、世界で最も大きいと言われております。この24,000平方キロメートルの巨大なラーグンは、2008年に世界遺産として記録され、多種多様の魚と無脊椎動物の豊かな動物群をサポートしています。 観光客のご到着しだい、一目に留まる島の活気に満ちたクリスタルクリアでリッチな風景は、皆様に大いに愛され感動なされています。ヌメアでは観光客のご滞在を更にご満喫いただけるよう、こちらの全てのホテル、リゾート、レストランおよび島でのアクティビティーを広範囲でご用意させて致しております。